松海が丘の家

竣工:2020年9月


小さな家でおおらかに暮らす


床面積は1階14坪、2階14坪、延べ28坪の小さな家

小さいと狭いは全く違います

ネガティブなものではないからです

むしろおおらかな暮らしにつながることかもしれません


面積を小さくすることで「敷地」に余裕が生まれます

また、「コスト」にも余裕が生まれます


「敷地」にできたゆとりには“緑”を植えて、

暮らしに潤いや季節感を生み、

微気候を整え、

そして街並みもキレイにすることができます


「コスト」にできたゆとりは高い技術(手仕事)にまわして、

空間の“質”を上げ、

居心地やのちの愛着のために使えます


他にも、省資源、省エネだったり、

家族の仲のいい距離感がつくれたり、

掃除だって楽だし・・・・イイことが色々とあります



障子戸をたてた1帖の踏込みが付いた16帖のコンパクトなLDKには、

ちゃぶ台と食卓、ラウンジチェア、パソコンコーナーを


そして隣接した小さな2つの庭にはデッキテラスと土間テラスを・・・・

その時の気持ちや状況に対応できるよう、

小さな居場所をたくさん散りばめました


小さな家でおおらかに暮らす

それが今の時代の美徳なのかもしれません


廊下への明り取りのために階段室に窓を設けています

ちいさな玄関・ホール・廊下の空間をよくするための工夫として、

LDKへの出入口となる障子戸の組子を廊下に向けています


2F廊下の一部を利用した室内干しスペース

乾きにくい冬場の物干しは、寝室の一部に設けることで

コスト、スペース、効率を良くしています


9.0帖(将来は4.5帖×2)の子供室

間仕切りが家具やカーテンでも、壁を造るとしても工事がしやすいように

下がり壁を設けています


北側斜線制限(高さ制限)をクリアするための屋根の形の検討と、

雨漏り防止対策、コストを含めた施工性を考えた結果、

寝室の天井に低くなる部分ができました

そこで舟底天井に舟底天井にして「カタチ」を整えています

受け身から生まれる「カタチ」もあります


寝室にはテラスの下屋を利用した外物干しを


土間テラスとつながる食卓とキッチン


プチ床の間の床柱と壁は、上部の棚板を支える役割も

柱は杉の磨き丸太の素地、

壁は飾り物や床柱を際立たせるため、グレーのペンキを塗って木目をつぶしています



設計:jinroku 

施工:cobo


敷地面積:143.18㎡(43.31坪)

延床面積:92.74㎡(28.00坪)

構造規模:木造2階建

用途地域:第一種低層住居専用地域

設計期間:2019年11月~2020年4月

工事期間:2020年4月~2020年9月

植栽工事:2020年10月


建築設計ユニット

jinroku×cobo

新潟県新潟市中央区高美町7-2

TEL:025-385-6177

MAIL:info@cobo.work

Instagram

Facebook